貯金3000万円あっても足りない?!不安な老後資金を調査

多くの日本人が今、老後資金・貯金に不安や危機感を持っている。金融庁の報告書によると、年金に頼らない個人の資産形成を強めていく方向だ。

なぜ日本が不安なのか、将来どのくらいの貯蓄が必要なのか。独身でも必要な貯蓄額はいくらなのか?などを算出していく

本当はいくら必要なのか?

この問題は多くの日本人が抱える不安要素の1つです。
漠然と不安に思っている方も多いですが、ほとんどの日本人は実際に老後の人生にいくら必要なのか計算していない人も多いです。
老後資金は、前提条件によって異なってくるためです。
ただ単純計算でも老後資金は算出できます。そして、驚くべき真実が見えてくるでしょう。

単純計算の算出方法とは?

老後を60歳から100歳までと仮定すると・・・
現在の毎月基本生活資金に40年分の月日である480を掛けます
現在の生活費が毎月25万円の方は、250,000円×480=1億2千万円
1億2千万円が老後資金で必要になってきます

そんなに毎月使わないよ!という方、仮に毎月の生活費を15万円に落としたとしましょう
150,000×480=7200万円が必要になってきます。人生100年を生き抜くのは容易ではなさそうです・・

人生100年時代になっているので、仮に60歳で引退しても余生が40年になってしまいます
死にたくても医療の発達で、なかなか死ねないそんな世の中になるでしょう
さらに日本はインフレ2%を目指す事を公言していますので、物価が毎年上がって、家計を切迫していくことになります。

少し前の世代の老後資金はどういう風に作られていたかというと
海外積立,海外金融資産,資産形成,資産構築,老後が不安,老後の貯金,独身老後, 老後保険,老後資金,老後生活,日本,東京,長野,イギリス,海外,オフショア,複利,結婚,出産,子供,養育費,
銀行に500万円預けておくと、年利が5〜10%で運用され30年後には3000万円に増えて帰ってきました。
さらに退職金が3000万円、年金も3000万円支給され、合わせて約1億円の資産を手に入れた状態で老後を迎えることができました。

現状は銀行に預けても1500円増えて戻ってくるだけですし、退職金も、年金もどうなるかはわからない現状です。海外積立,海外金融資産,資産形成,資産構築,老後が不安,老後の貯金,独身老後, 老後保険,老後資金,老後生活,日本,東京,長野,イギリス,海外,オフショア,複利,結婚,出産,子供,養育費,

いくら蓄えが必要?

1億円の蓄えがあれば、仮に年金が支給されなくとも、退職金が支給されなくても生きていくことは可能でしょう。
そのためには、月30万円の貯蓄を約30年間続けなければなりません。
=月30万円の消費を30年続けられるということです。
これは現実的ではありませんね。
しかも、日本円で現預金ですと不安要素がいくつもあります。
なぜかというと、国は今2%のインフレを目指しています。
仮に今1000万円の現預金があったとしても、30年後には647万円の価値に目減りしてしまいます。
海外積立,海外金融資産,資産形成,資産構築,老後が不安,老後の貯金,独身老後, 老後保険,老後資金,老後生活,日本,東京,長野,イギリス,海外,オフショア,複利,結婚,出産,子供,養育費,

日本の問題点

日本の借金と預金封鎖、ハイパーインフレの可能性

実際に昭和21年の第二次世界大戦後に行われたのが預金封鎖です。
一家の主人が1日300円しか預金を引き出せないようにし、タンス預金をあぶり出すために新札を発行し、
預金税なるものを課して、国民全員が極めて貧困生活に陥りました。
その時の経済状況と、現在の経済状況は非常に似ており、すでにGDP(国民総生産)の2倍以上に国の借金は膨らみました。
そしてデノミといって、通貨の価値を10分の1にした状態で新札を発行しました。
だからと言って、近しい将来そのようなことが行われるかどうかは誰にもわかりませんが
もしもの時に備えて、資産を完全に外貨などで分散しておく必要が出てきます。

海外積立,海外金融資産,資産形成,資産構築,老後が不安,老後の貯金,独身老後, 老後保険,老後資金,老後生活,日本,東京,長野,イギリス,海外,オフショア,複利,結婚,出産,子供,養育費,
この時預金封鎖を施行した渋沢蔵相と、この度新紙幣になる渋沢栄一さんは孫とおじいちゃんの関連になります。
何か、においますね・・海外積立,海外金融資産,資産形成,資産構築,老後が不安,老後の貯金,独身老後, 老後保険,老後資金,老後生活,日本,東京,長野,イギリス,海外,オフショア,複利,結婚,出産,子供,養育費,

少子高齢化と人生100年時代

日本は世界で類を見ない超高齢社会へと突入しております。
少子高齢社会では経済発展は望めません。
先進国の中では、唯一アメリカだけが人口を増加させています。
2020年には、女性の2人に1人が50歳以上となりますし、
2025年には、団塊世代のほぼ全てが75歳以上に突入します。
そのため医療費や、保険料が急激に上げられると予測されます。

日本では医療も発達し、寿命も引き上げられるため100歳まで生きる方も珍しくなくなってきました。
現在生まれた子供は、120歳まで生きるとも言われています。
いつまで生きるかもわからないので、目減りしてしまう預貯金のみの資産では使うに使えないため
退職後もアルバイトをするなど、生計を立てる人も少なくありません。
また、預貯金もないため老後破綻を起こす家庭も500万世帯は出てきうると予想されています。

理想の老後は?

定年退職後は自由で安定した生活を送りたい

これは誰しもが願う理想の老後ではないでしょうか?
理想の老後を送るのであれば、資産形成は必須になってきます。
一生働き続ける、または老後破綻とならないためにも
個人資産を形成することは非常に重要です。

貯金だけでは不安?

貯金だけでなく資産運用を行いましょう

老後に備え、少額でもコツコツとお金に働いてもらう事です。
例えば海外の積立であれば、4000万円の資産作りを成功させる事は
25年あれば月4万円の定期で作ることができます。
貯金のみであれば月13万円の貯金を25年続けなければ不可能です。
それだけ、お金に働いてもらう仕組み作りが不可欠です。
そして、安全安心の資産づくりを行うには、何よりも時間が必要になってきます。

どのような生活スタイルを送りたいかで変わってくる

結局のところ老後資金とは、
(毎月いくらくらいの生活費が予想されるか+どのような老後を送りたいのか) × 12ヶ月 × 引退後の年数=必要額
となってきますね。

ここで頭に入れておきたいのが、資産運用を行なっていれば、
1億の資産を5%で運用している場合
単純計算、毎年500万円のお金を得れる事ができます。
そして資産はそのままに、運用益だけで生活する事ができます。
貯金だけとは質が違いますよね。
どれだけの資産を、いつまでに作り、どう運用していくか
これだけで老後ははるかに代わってくるでしょう。

働く日本人のためのコッソリ聞ける日本と海外のお金の話【マネーセミナー】

海外積立,海外金融資産,資産形成,資産構築,老後が不安,老後の貯金,独身老後, 老後保険,老後資金,老後生活,日本,東京,長野,イギリス,海外,オフショア,複利,結婚,出産,子供,養育費,

不定期開催マネーセミナー
◼内容
『働く日本人のためのコッソリ聞ける日本と海外のお金の話〜資産形成編〜』

お金について勉強した事がない、聞いたことがない、誰に聞けばいいのかわからないという方に
日本と海外の経済事情を合わせ、いつからどれだけ運用すれば豊かで安心した老後の資金を作れるのか、正しい資産形成術と合わせて、わかりやすくお届けいたします。

おすすめの記事